ようこそ、hp Spectre X360

PC環境

こんにちは。Pino研です。
前回、VAIO Duo11が終焉を迎えたことを書きました。


そして今回は、後継機のお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

見た目&コスパを満たすマシンがここに!

妻までもが、「もう新しいのを買ってください。恥ずかしいから。」と言っていたので、ワタクシは嬉々として家電量販店に向かいました。Surfaceや、NEC、東芝、VAIO、台湾系、DELLと色々見ましたが、どれもピンときません。その日はとりあえず「VAIO Zのキャンペーンで型落ちを買おうか…」と思っていました。

ですが、久しぶりに覗いたvaio Zのスレで「spectre x360買っちゃったよ」というレスがあり早速調べたところ、「やだ…かっこいい」となりました。PCの構成としても申し分なく、一気にこちらが第一候補となりました。それから数日後、「よし、買うぞ!」となりました。決め手は、自分の周りの誰とも被っていないことでした(結構重要です)。

なぜspectre x360なのか

なぜ、このPCを選んだのか、それはいくつかの理由があります。
まずは、タッチパネル仕様であることです。ワタクシ、プレゼンでパワポを使うのですが、パワポでスタイラスペンを使って強調したり動かしたりすると、聴衆が注目してくれます。しゃべりがいまいちでも、ペンで注目してくれるのでタッチパネルは必須なのです。
次に、タブレットモードになることです。やはり、いろいろな角度で観られるのは楽です。特に新幹線やフライトでは大いに助かります。ちなみに、公式にはテントモードと言うそうです。

そして、色がほかのPCにない色だからです。Mac Book Airのパクリ筐体が世に蔓延る現代において、もはや真新しいデザインはVaio Zのフリップモデルのみと思っていましたが、このSpectre x360がありました!スペックも、盛れば豪華になり、コスパも良い!また、ヒューレットパッカードのロゴがやたらカッコよくなってた!おいおい、シンプルでシャレオツじゃないですか。リファインしたデザイナー、すごいよ。そして、一応アメリカの企業なので一応安心。

お決まりのバックドアも、CIAやNSAならまだマシ…か?

4Kパフォーマンスモデルを選んだ理由

最終的にポチるまで、どの構成にするか悩みました。


色々考えまして、最もコスパが良いスタンダードモデルが良いと思いました。

第8世代i7、512GBのSSD、16Gメモリは、十分すぎるほどの陣容です。ですが、VAIOを使っているときのことを思い出しました。それは、解像度です。11インチといえど、書体のドット感が気になることがよくありました。そして、5年経っても解像度が変わらないというのは何か物足りない気がしてきました。かつ、フルHDでもワークスペースが狭く感じていたことを思い出しました。wordやexcelくらいならまだいいのですが、これにイラレやフォトショが来るともう大変でした。そういった作業のやりやすさを考えるとやっぱりフルHDでは足りないかなと思いました。そうなると、もう4Kしかなく(3Kモデルはリリースされていないので)、もう4Kで行くぞと心に決めました。

ネガティブな点としては、バッテリー持ちと発熱です。ですが、出張などでは作業が長時間に及んでもいいように電源アダプタは必ず持っていく派なので、そこは気にしませんでした。あとは熱ですが、気にしないことにしました。というわけで、心の整理が終わり、4Kパフォーマンスモデル、1TBのSSDに、3年の物損付きアクシデントサポートをプラスして、めでたくポチりました。

購入前に実機を触った感想

ちなみに、某量販店で展示品を見た感想ですが、スタンダードモデルのプライバシーモードですが、確かにONにすると横から見えなくなり感動しました。ただし、技術的にそうなのかわかりませんが、ディスプレイの色そのものが変わっている気がしました。某掲示板でもそのことが言及されており、気になる人は実機を見て決めたほうがいいかと思われます。

また、日本語キーボードしか選べない点ですが、買ったら全く気にならなくなるので大丈夫だと思います。周りも気にしていません。また、キーボードですが、結構平べったい感覚があります。あと、個人的には若干固いかな…。もともとタップ音がうるさいワタクシですが、ますます妻から「うるさい!」と言われそうです。気になっていたフルHDと4kの差ですが、結構あるなーという感じでした。13インチでこれなので、すでに発売済みの15インチはもっと大きな違いとなるでしょう。というわけで、実機を見てもやはり4Kが自分には合ってるかな?と思いました。

注文から納品までの日数について

公式サイトを使っての購入でしたが、公式サイトでは次のようになっています。


ワタクシは、ほかには布クロスだけを頼みましたので、在庫がなくて遅れるということはなく、最短納期である、受注完了から4日目に納品となりました。月曜日夜に注文し、翌日火曜日に受注受付完了、金曜日の納品でした。納品はヤマト運輸でなされました。ヤマト運輸でしたので、LINEで時間指定ができたのでとても便利でした。

ちなみに、某掲示板スレで知った情報ですが、アクセサリ類で在庫がないと、在庫が復活するまでは本体も出荷がストップするそうです。バラでは送ってくれないそうなので、気を付けましょう。

というわけで、はい、ついに到着しましたー!!

 

次回以降は、使ってみてどうだったかを書いていきたいと思います。

よろしければ応援クリックお願いします。ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







コメント

タイトルとURLをコピーしました