コードレス掃除機購入。ダイソン?エレクトロラックス?

その他

こんにちは。Pino研です。
いままで使っていた日立の掃除機が壊れました。突然、ポックリと。最後は断末魔のような唸りを上げ、スイッチOFFもままならず、仕方がないので電源を引っこ抜いたのを最後に、亡くなりました…。うちの妻は掃除・片づけ好きなこともあり、すぐに替えの掃除機が欲しいと全身で訴えてきました。掃除・片づけに関しては、常日頃大変感謝しておるせいもあり、早速家電量販店に行きました。

スポンサーリンク

狙いはダイソンのコードレス

家電量販店へ行く前に、既に妻がコードレス機について熱く語っています。彼女の妹さんもダイソンのV6ユーザーという事もあり、何となくダイソンのコードレス推しの雰囲気になりました。しかも、この日まで買えばダイソン公式のキャッシュバックキャンペーンで5,000円が戻ってくるという状況。
我々が買おうとしているのは、こちらのモデルです。


もはや、あとはお店で買うばかり。憧れのダイソンコードレスが、やっと手に入るのかぁ~。

実際にダイソンを触ってみました。

早速、掃除機コーナーに行ってダイソンのコードレスを触れてみました。おー、これが家に来るのかぁ。とりあえず、持ってみると…重くね?次に、トリガーを引いて床掃除をしてみました。うー、吸ってるー。思ったよりモーター音は気になりませんでした。んじゃ、マットの上を掃除してみようかな~…重くね?いままで使っていた日立の掃除機はヘッド部が自走するタイプだったため、マットの上なんかはすごく軽く掃除できてたのですが、ダイソンは自走しないタイプなのでマットの上は軽く力を入れないと進んでくれない感じがしました。そして、たまにマットに引っ掛かり、おりゃッと力を入れる場面も出てきます。うーん、車とかで使うハンディクリーナーならともかく、日常で使うのは思ったより大変なのか…?次に、公式サイトなどでも出ている、天井にノズルを向けてみました。

…ワタクシは大丈夫ですが、妻が無理と言いました。ついでに、「この配色いやだ。」と。あれ?高性能なのはわかるけど、ちょっと全てがハッピーというわけではなさそうです。そして、妻は他のメーカーの掃除機を物色し始めました。

第二候補 エレクトロラックス

パナ、東芝、シャープと、他のメーカーのも見ましたが、ワタクシも妻も第二候補として挙げたのがスウェーデンのブランド、エレクトロラックスです。公式サイトはこちらです。


まず見た目ですが、ダイソンのような未来感はないですが、上品なデザインです。とはいえ、実際に触ってみるまではわかりません。こちらは、モーター部が下にあるため、床を進んでいくにはこちらの方が動かしやすいと思いますが…。そして、実際に電源を入れてみました。「動く…コイツ、動くぞ!」という感じで、床やマットの上をスイスイ進みます。それもそのはず、これは自走します。ゆえに、クイッと押すだけで掃除機の方から進んでいきます。前述のとおり、日立の自走式の掃除機に慣れていたので、押す力のいらない自走式のらくちんさが無いと不便に感じるようになってしまっていました。単純に、床掃除するだけならエレクトロラックスの方が圧倒的に楽です。しかし、単純な吸引力や電池持ちなどはダイソンの方が優れています。更には、家具の下の方などといった、ほぼ水平に寝かせての掃除が構造上できないというデメリットもあります。
最終的に、今回のダイソンかエレクトロラックスの二つに絞られました。現場でマッサージチェアに座りながら、色々なサイトも見ましたが、吸引の総合力ではどちらもほぼ互角といった感じでした。

その他のポイント

その1 ゴミの捨て方

ダイソンのV8シリーズの場合、本体を持ち上げた状態で下の蓋をボタンでパカっと開けて落とすので、埃が舞います。舞います。このへんは、各動画でも紹介されていると思います。あと、本体を持っているのが嫌です。
エレクトロラックスのエルゴラピードの場合、本体からカートリッジを取り出して、中のゴミを捨てます。小さい分、埃を舞わせないようにゆっくり捨てる事も出来ます。ちなみに、我が家の場合はエレクトロラックスの方が捨てやすいかな。

その2 設置場所

設置場所についてですが、ダイソンの場合は壁に固定して充電スタンド化する事が可能です。逆に言えば、充電スタンドをビスなどで固定させる必要があります。当然、電源コンセントの近くに…。賃貸の方などは、本棚に固定させたりカラーボックスに固定させたりしているので、ちょっと泣けてきます。
エレクトロラックスの場合は、台座式なので固定する必要がありません。だだし、平面スペースはそれなりに失います。

その3 音

ダイソンの音は、ギュウィィィンンという甲高い音がして、他の掃除機と一線を画しています。個人的に、かなり好きな音です。半面、エレクトロラックスの方は普通のウォォオンという音で、ダイソンに比べるとモッサリな感じを受けます。また、何となくですがスイッチOFF後の惰性も大きく、少し前の時代の家電のような止まり方をします。

ダイソン、エレクトロラックス、決め手はコレ!

甲乙つけがたいダイソンとエレクトロラックスですが、ワタクシと妻、以下それぞれの理由で決めました。

妻の場合

色んなゴミを満遍なくとってくれる。ふとんクリーナーがついてくるのでエレクトロラックス。あと、ダイソンV8Fluffyの色の組み合わせが嫌い。

ワタクシの場合

ダイソンは自立しないんですよ!エレクトロラックスは自立するんですよ!椅子なんかを動かしたいときに一々どこかに立て掛けるか寝かせるのが嫌なんですよ!あと、自走式の方が楽でいいんです。ダイソンは、途中から左手で支えながら動かしていました。

というわけで、我が家にエレクトロラックス、エルゴラピードがやってきました!あぁ、やっぱりこっちの方がワタクシは楽だわぁ~

末永く活躍してくれることを祈っています!







よろしければ応援クリックお願いします。ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました