上海出張編その5 自由時間は地下鉄で。

上海

今回の出張は、実はいくつか自由時間がありました。まず、毎日の早朝と夕食後です。それは自由時間というのだろうかはさておき、今回は何と!「上席の皆様がお客様とゴ〇フに行っている間は完全フリー」という超絶特典がついていました。あぁ、さすがウチの上席。ワタクシの事をよくわかってらっしゃる。

さて、上海に着いた日の翌朝6:00、ワタクシはホテルを抜け出して地下鉄の駅に向かいました。そして、3日間地下鉄パスを買いました。

なぜ3日間パスなのか?元がとれないのでは?その理由は、1.いちいち券売機に並ばなくて済む 2.間違って降りてしまっても、気兼ねなく再入場できる。 3.金額計算しなくて済む 4.とにかく楽 という理由からです。たぶん、元はとれていないでしょう。しかし、上記のメリットの前では元がとれるとれない以前に、地下鉄利用がぐっと楽になります。特に、諸外国では券売機の前が長蛇の列になっていることがしばしば見受けられます。この待ち時間を考えると、パスを買って券売機をスキップした方が明らかに楽なのです。

ちなみに、朝食の待ち合わせ時刻7:00まではちゃんと帰ってきました。サラリーマンですから。

その日の夜、お客様との会食を終えてホテルに着いたワタクシは、上席の皆様に「お疲れ様でした!明日も宜しくお願いします!(ワタクシはこれから自由時間を満喫します!)」と挨拶し、別れました。早速、着替えて地図とカメラと諸々を持ってホテルを出発。時刻は既に20時過ぎ。そんなに多くの時間は残されていません。地下鉄の駅に入り、4号環状線を東に。そして2号線に乗り換えて、着きました。浦東エリア。ここは、高層ビル群でおなじみの場所です。感想は…結構キレイですね。という位。それよりも自由を満喫している方が楽しい感じ。

DSC0393_1

このエリアの中心は、大きな交差点がありその上に歩道が円形に作られており、ぐるっと一周できるようになっています。そこそこ散策して、有名なテレビ塔でバシバシ写真を撮ったり、結構満喫しました。道路は歩道はおしなべてキレイです。街灯も明るく、安全な雰囲気でした。

DSC03932_1
DSC03929_1
DSC03928_1

もっと行きたいところがあったのですが、上海は終電が早く、路線によっても違いますが大体22時~23時で終電を迎えます。ワタクシの路線の終電は23:00です。乗り換えもあるので、早めに退散することにしました。そして、ホテル着が23:20。自由を満喫し、非常に楽しい夜となりました。

ちなみに上海の地下鉄は日本の地下鉄より車両が大きいです。そして、車両ごとのドアがありません。そのため、かなり開放感のある社内となっています。中刷りもないし。ただ、吊革にはしっかり広告が入っています。ただ、これも大きく入っていて日本のような意味不明なサイズ縛りがありません。こっちの方が(吊革部分だけについては)広告効果は高そうです。また、終電近くになってくると、地下鉄の床にはゴミが散らかり始めていました。フリーペーパーや、紙屑などがあり、このあたりは中国の実情の一端を表しているかもしれません。

DSC03953_1

さて、次回は豫園の紹介をしたいと思います。

さて、次回は豫園の紹介をしたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

よろしければ応援クリックお願いします。ブログ更新の励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました