ダイエットに最適な夜ランニングの魅力

その他

こんにちは、Pino研です。

皆さんは、ランニングをどの時間帯で行いますか?朝の人もいれば、夜の人もいると思います。とくに平日に走ろうと思えば、一般的には朝のランニングか夜のランニングの二択になってしまいますよね?今回は、夜ラン派のワタクシがいかに夜ランにメリットがあるかをお話したいと思います。もちろん、夜のランニングにまつわるダイエットの話もしたいと思います。

スポンサーリンク

夜ランこそ、ダイエットに最適

夜ランこそ、ダイエットに最適です。ワタクシの中では、もはや夜ランとダイエットは切り離せません。前にも書きましたが、2ヶ月で5キロ痩せることができました。

夜ランニングがダイエットに最適である理由は、以下の通りです。

夜走ると、間食する気が無くなる

これはどういう事かというと、夜ランのあとは既に体が疲れてしまい、食事をする気が起きません。普段であれば、大体10時くらいに、「ちょっと腹が減ったなぁ~」といい、食糧を探してしまいますが、夜ランをすれば、くたくたになって食欲なぞ起きません。はっきり言って、ダイエットで最も重要なのは心です。夜のランニングで強制的に食欲を消してしまえば、これ以上のダイエット方法はないのです。

夜走ると、怪我をしづらい

夜走るという事は、一日中体を動かしたあとに運動する事になります。つまり、ある程度筋肉や関節が柔らかくなっている状態である事が多いという事です。そして、この事は怪我の予防に多いに役立つと考えられます。

成長ホルモンが味方になる

筋肉というものは、成長ホルモンによって回復し強化されます。成長ホルモンは、睡眠時と運動のあとに多く分泌されます。という事は、夜ランの運動後はリラックスした状態にあるので成長ホルモンのより効率的な分泌が期待されます。また、夜ラン後は睡眠が控えているので、そこでもホルモンの分泌が促進されます。夜ラン後&睡眠のコンボが成長ホルモンの分泌を大いに促進すると考えられます。

時間を気にせず、脂肪燃焼ランができる

ゆっくりと長時間走るのが脂肪燃焼ランニングです。大体、最大心拍数の60~70%を目安に走るとよいとされています。朝ランの場合、どうしてもタイムリミットがあるので、やる気があっても時間の都合で中止せざるを得ません。しかし、夜ランであれば時間を気にせずに走ることができます。これは、朝ランとの大きな違いです。

ダイエットだけじゃない夜ランのメリット

まず大きいのは、ぼーっとして走れる事です。無の心で走ることができます。これが朝ランですと、これから始まる一日を考えざるを得ません。ですが、夜ランはもう一日が終わったので、朝ランよりも比較的ぼーっと走ることができるのです。また、日中いやなことがあっても、ランニングで洗い流す事ができます。これは本当に精神的健康に寄与します。私も経験がありますが、最初のうちは嫌なことを思い出して悶々とするのですが、そのうちどーでもよくなり、頭から完全に消え去ります。そんな事を、脳が考えさせないのです。おそらく、脳が自衛しているのだと思いますが、非常に健康的な効果があると言えます。そして、いい気分のまま、シャワーを浴びて、就寝できるのです。

朝ランは…一日ぐったり

ワタクシだけではなく、他の人も経験があると思いますが、朝ランすると一日がだるいです。常に疲れを感じながら仕事をする羽目になってしまいます。確かに朝ランは気持ちいいのですが、終わって30分もすれば疲れた体に心が支配されます。実際、ワタクシはランニングを始めた当初は朝ラン派でした。ですが、この事から朝ランをやめて夜ランに切り替えました。

夜ランに注意すべき点

楽しい夜ランですが、いくつか注意すべき点があります。

その1:交差点では気をつけましょう

時間帯にもよりますが、交通量がまだ多い場所もあるかもしれません。運転者は、夜の運転ではランナーの事はあまり考えていません。そもそも見えてない時もあるかもしれません。ですので、夜ランでの交差点横断は慎重にいきましょう。青信号でもです。青になると同時にロケットスタートを決めたりせず、むしろ歩くくらいの気持ちで横断しましょう。

その2:緊急事態を想定し、スマホと1,000円札くらいは持っていきましょう

朝ランでもそうですが、緊急事態を想定し、スマホと1,000円札くらいは持っていきましょう。帰りにコンビニでドリンクを買うのもいいですし、スマホで写真を撮るのもいいでしょう。手ぶらだけは、本当に避けた方がいいと思います。

夜ランが楽しくなる便利グッズ

ここからは、夜ランが楽しくなる便利グッズを紹介します。

夜景モード搭載スマホ

GoogleのPixelシリーズは、全スマホ中トップの夜景モードを搭載しています。また、iphoneもGoogleには劣るものの、夜景モードを11から搭載してきました。この夜景モードがあると、暗い写真もノイズの少ない綺麗な写真に撮れます。ランニング中やランニング後のSNS投稿が楽しくなります。ただし、ランニング後の写真撮影に夢中になってしまい、汗冷えする事がありますので、特に寒い季節の撮影はほどほどにしましょう。

ウエストポーチ

注意点でも言いましたが、スマホと1,000円札は必須です。ウエストポーチにいれて、落とさないようにしましょう。実際の大きさは、スマホの大きさも関係しますので、量販店や専門店などでチェックした方がいいでしょう。

ランニング用ライト

必需品中の必需品です。ワタクシは2個付けて走っています。あると無いとでは、コチラに対する認知力に大きな差が出ます。ワタクシは、これを使っています。amazonでは、色々なメーカーが同じようなものを出していますが、ジェントスのものを買うのが一番安心だと思います。ワタクシもジェントス製を使用しています。今までトラブル無しです。

また、このアイテム、年単位で電池が持ちますので財布にも優しいです。実際の使い方としては、点滅モードにして、片腕を前方に、もう片腕を後方に向けて、前後からも認識してもらえるようにしています。軽いので、ランニングの負担になりません。

夜ランの楽しさ

夜ランですが、いろんな楽しみがあります。たとえば、誰もいない中、暗闇に包まれながら一人走ってご満悦もしくは探検気分とか、もしくは、一日の終わりをゆっくり考えながら走るとか。

ワタクシの最近の流行ですが、ダウンロードしたYoutubeの番組をスマホで聴きながら走ることです。ランニング専門のYoutuberの方の話を聞きながらだったり、もしくは映画やマンガの評論を聞きながらというのが最近多いです。

イヤホンから流れてくる世界に浸りつつ、一人ぽつんと走るのが自分に合っているのかもしれません。

とにかく、安全第一で楽しみましょう

以上、夜ランの魅力をお話しました。

色々書きましたが、安全第一です。自分を他の歩行者や自転車、車に見つけてもらうのが一番大事です。ジェントスのランニング用ライト、絶対買ってください。これがあると、本当に安全ですから。

この記事が、皆さんのお役に立てば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました