カメラ売りました

カメラ・写真

こんにちは。Pino研です。

これまで10年以上、写真を趣味の一つとして過ごしてきましたが遂に変化が訪れました。「俺、カメラもういらねんじゃね?」と。

スポンサーリンク

カメラは今でも大好きです

まず、ワタクシの今の立場を表明しますと、今でもカメラは大好きです。ですが、年齢や旅に対する考え方から、カメラとレンズをたくさん持って行くスタイルが自分には合わなくなってきました。とはいえ、フルサイズミラーレスを持ってたらなぁ…とか、大三元レンズ揃えたら、●●に撮影旅行行きたいなぁ…という妄想は止むことがありません。また、カメラ情報サイトはほぼ毎日チェックする始末です。 でも、売りました。

スマホで十分!じゃないけど…

たいてい、一般社会や5chに代表されるネット掲示板では「スマホで十分」という人と、「スマホぉ?あんな豆粒センサーで何ができんの?」という人が延々と闘いを続けています。これはどっちも正しいと思います。スマホで十分な人は本当にスマホで十分ですし、スマホの豆粒センサーとレンズ交換式カメラのセンサーでは物理的な情報量が天と地ほどの差があります。よって、カメラにウン十万円費やしてきた方には、スマホで十分という選択肢なぞ存在しないでしょう。

スマホのカメラ性能が上がっているのもまた事実

とはいえ、カメラ派の皆さんにとってもスマホの性能が上がってきているのは無視できないと思います。特に近年では本体にレンズをぼこぼこつけたモデルも出ており、スマホの泣き所だった焦点距離の脆弱さをカバーしつつあります。豆粒センサーなのはそのままですが。

カメラ手放すきっかけ その1:GoPro

海外旅行や海外出張のたびにカメラとレンズ一式を持っていっていたワタクシですが、まずGoProを買ってから少しずつ意識の変化が始まりました。買ってから気がついたのですが、旅の思い出を後で見返す場合、動画の方が個人的に好きだなという事です。写真は写真で美しく、いい写真が撮れているとうれしいのですが、見直した時に動きや音がなくって物足りなくなってしまったんですね。翻って、動画では全部出ます。芸術的ではない動画がほとんどですが、旅の思い出を追体験するという事では写真は動画に叶わないと思います。

カメラ手放すきっかけ その2:Google Pixel3

昨年秋にPixel3を発売後すぐに手に入れたのですが、これが結構直接的な引き金になりました。ボケをソフトウェア側で調整するのは他のスマホでもありましたが、AIを用いた夜景モードが本当に三脚不要レベルでした。これは素晴らしいぞ!画角については当然何も出来ませんが、肝心の写りは中々のものです。画角は置いておいて光学的な不利をソフトウェア側とAIでカバーしてしまいました。ちょっとこれゲームチェンジャーですよね?となりました。昼間撮ったらスマホでもキレイなのは当たり前です。なので、夜の写真というのがカメラ派の拠り所の一つとなっていたのですがそれをカバーしてしまいました。しかも三脚不要で。Googleが今後焦点距離をなんとかすれば、本当にカメラいらずになってしまうと思いました。

軽さは正義…

そして、GoProとPixel3が揃った状態で台湾に行ってきました。うーん、カバンが軽いなぁ。歩いていて楽だなぁといつも思っていました。休憩したあとにカバンを持ち上げた瞬間の「重っ…」という感覚がゼロになりました。基本的に写真は二の次で、常時GoProを出しておいて町並みや観光地を撮影していました。そして、インスタ映えしそうなところは写真です。念のためにRX100M4も持っていったのですがあまり使いませんでした。そして、台湾はそもそもハーフマラソンに出るために行ったので、そこではGoProを持ってハーフマラソンを走りきりました。Pixel3は、マラソン中に人に撮ってもらう時だけに使用しました。

思った事は、「あきらめが肝要 」

レンズ交換できないじゃん!画角は基本同じじゃん!ボケが不自然だろ!撮ってる感がないよ!そもそもセンサーサイズが違うだろ!瞳AFないよね?画素数足りないよ!夜景は糞だろ!塗り絵だろ!

…そのへんは、あきらめました。煩悩を捨てました。 おかげで今では、軽さと映像を撮るという新たな旅の楽しみを見つけました。

次の旅ではカメラレス

とりあえず、今ある予定として9月にネパール旅行、10月にアメリカ出張、11月に中国出張、12月に台北マラソン(出るか未定)がありますが、まずはネパール旅行はRX100M4は持って行こうかなと思っています。 残りはGoProとPixel3にしようかな。

では、よい旅を!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

よろしければ応援クリックお願いします。ブログ更新の励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました