特典航空券で妻を残して一人旅

Other

こんにちは。Pino研です。

現在、ANAのマイルがそこそこ貯まっています。一度北米までの特典航空券を夫婦二人で予約したのですが、諸事情が有り泣く泣くキャンセルしたりもしたので、大型消費がうまく出来てないからでもあります。とはいえ、台湾や香港でちょこちょこ使ってはいるのですが、まだまだ余裕があります。さて、どうしたものかと思っていたら、妻からすごい一言をもらいました。

スポンサーリンク

妻「一人で行ってきてもいいよ」

ある日、本当にある日、妻がワタクシに言った言葉「別に一人で行ってきてもいいよ」「あなたが行きたくても私が行きたくない場所だって多いしさぁ」という言葉が妻から発せられました。何という事でしょう。これは、一般的な夫婦生活では中々得がたい言葉です。心の中で小躍りしました。「これで〇〇に行ける!」と。

家庭平和を考えると、いつでも行けるわけではない

家庭平和を考えた場合、当たり前ですがどこでも一人で行っていいわけがありません。また、その時期も重要です。年末年始はGWに一人で特典航空券を使って旅行なんて、実際やったら離婚まっしぐらなのは明白です。よって、使えるのは3連休に有給をプラスできる時期という事になります。

家庭平和を考えると、どこでも行けるわけでなない

そして、3連休プラス有給1日程度と考えると、行ける所は大分限られてきます。しかもこちらはとーほぐ。とーほぐから成田・羽田の事も考えなければなりません。そうなると、ほぼ自動的に行ける所はアジアとなります。ちなみに、妻はアジア諸国の旅はそそられない派です。北米・ヨーロッパに行きたがりです。そういう事も含めると、アジア方面旅行はむしろどうぞどうぞな訳です。

家庭平和を考えると、リゾートなんてもってのほか

家庭平和を考えると、リゾート地を選ぶ事は出来ません。一人でハワイ?ハァ(怒)?となる事間違いないです。そうなると、東南アジアの離島群は自ずと候補から外れます。まぁ、40過ぎの男が一人でリゾート行っても怪しいだけなのでそれはそれでいいのですが…。

一人旅なので、無理を効かせられる

一人旅となると自由度が増すのが移動手段です。東京に夜行バスで行く選択肢が出てくるのをはじめ、現地までのフライト、現地での移動、戻り便などでも夜行便が使えます。妻同伴だとなかなかこうはいきません。また、一人なので席が確保しやすいです。

以上の事から候補地

3連休プラスαで行けるところとなると、アジアの都市旅行に限られてきます。しかも、当然雨期を避けた方が賢明です。そうすると、連休の時期によっては無理なところがたくさん出てきます。また、ANAの特典航空券を使うので、どこでも自由に行けるわけではありません。

というわけで、旅したまへ的には、ベトナム(まだ行った事ない)、タイ(メジャーは行った※離島除く)、シンガポール(一人で楽しいのか?)、カンボジア(まだ行った事ない、アンコール遺跡見たい)、インドネシア(バリ島行けないのでジャカルタのみ?)、マレーシア(KLは何度か行ったのでマラッカ?)、中国(雲南に行きたい)、香港&マカオ(台風シーズンは絶対避けよう…)あたりになります。リゾート地有りならまた変わってくるのですが…。

とうわけで、早速発券!

9月にカトマンドゥに行ってきますw

P.S. この話は、あくまでワタクシの家庭に限った事ですので、この記事をご覧になった皆さんが実行に移した場合どうなるかは全くわかりません。そして、ご家庭のOKをもらったら、旅立ちの日まではひたすら家族サービスに努めましょう^^

よろしければ応援クリックお願いします。ブログ更新の励みになります。 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました