腕時計より万年筆の方がコスパ高い説。

その他

こんにちは。Pino研です。今回も万年筆ネタです。

よく、「社会人だったら20万以上の時計しないとネ!」と書いてあるサイトや、ビジネス書、本気で言ってくる上司がいると思います。ワタクシも、過去に20万とは言われなくても10万円と言われた経験があります。10万は、まだ何とかなる範囲でまだ良心的といえば良心的ですが、20万円ともなると最早新しいPCやカメラ買った方が生活が充実するのでは?と思ってしまいます。しかし、ビジネス界ではそんな事もなく、とにかく時計だ!という風潮が一部に根強くしかも強要されるレベルで現実に存在します。

そして、性質が悪いことに、そんな事を言われるとワタクシも商談相手の時計をチラ見してしまう事にもなってしまうのです。そうなると、相手もこっちの時計を見ているのでは?と考えてしまいます。

ですが、所詮は時計。時間を見るための装置、しかも現代においては無くても十分に生きていけるものに20万も払うのはとにかくコスパが悪いと言わざるを得ません。とはいえ、「結構いい時計している人いるし、自分もいい時計した方がいいのかな…?でも20万なんて無理なんだが。」と思っている人、多いと思います。

それを解決するお薦めの方法があります。それは、万年筆です。

スポンサーリンク

万年筆が解決策になる理由 その1

万年筆がなぜ解決方法になるのか。それは、万年筆を使う事で、「100円でもアリな文具に結構なお金を払うこの人は、時計や靴もさぞいいものを召しているに違いない」と勝手に邪推してくれるからです。今時、万年筆を使っている人はなかなかいません。数百円で買えるフリクションの使い勝手が最高なので、書くだけならそれで充分なのです。「万年筆の金ペンって、確か1万円くらいするよね?ですので、そんな単機能にそこそこの金をかける人はさぞ他の者にも金をかけているかも…」と考えてもらえると思っています。ワタクシの働くオフィスでも万年筆ユーザーはワタクシだけです。やたら目立ちます。ですが、イヤミはありません。むしろ、デキるリーマン感を出すことができます。

万年筆が解決策になる理由 その2

皆さん、時計のメーカーやブランドって沢山ありますよね?メジャーなものからマイナーなものまで。そして、金額も安物から不動産買えるものまで。時計を扱う専門雑誌も本屋に行けば置いてますよね。

でも、皆さんそれ全部覚えられますか?見分けつきますか?市場価格も含めて。ワタクシは無理です。ぼんやりと、ロレックスとIWCってのがやたら高く、プレゲ針で有名なプレゲは一生買えないという位しか知りません。

あくまで個人的な観点ですが、時計の価値を見極めるって、まず一般人には無理。専門家でないと無理。だっせぇ時計だなと思っていたら、100万円超えてましたなんてこともよくあると思います。

そんな時計で商談などで相手と一緒に話を転がしていくのは大変危険であると言わざるを得ません。相手の時計の価値を知らずに話を転がすのは、自殺行為といえましょう。

しかし、万年筆はそんな事はありません。覚えればいいメーカーは国内3社、海外3~4社で事足ります。しかも、大抵はクリップの形状でメーカーが明らかになります。まじまじと時計の文字盤上のロゴマークを見る必要がないのです。いわば、認知しやすく種類も覚えやすいという事です。

そして、高い万年筆は明らかに高い装飾が施されているので、下手に安物と認識してしまう事もありません。安心して話を転がせます。

万年筆が解決策になる理由 その3 

視認性が全く違います。腕時計って、結構隠れているシチュエーションが多いものです。特に薄い時計の場合はシャツの中に隠れてしまう事もしばしばあります。ですが、万年筆は商談時に何かを書けば確実に見られます。もしくは、胸ポケットに挿せば万年筆の存在を見せる事ができます。

万年筆が解決策になる理由 その4

圧倒的に金額が安いです。高そうに見える金ペンのモデルでは1万円代で手に入り、本当に高級なものでも10万円でおつりが来ます(モンブランを除く)。そこそこいいもので5万円あれば大丈夫です。どうですか?20万円払うよりもよっぽど経済的に楽ですよね。また、ランニングコストも安いです。基本的にインク代のみで済みます。電池交換も不要ですし、機械時計に必要な数万のメンテナンス代も不要です。

どうですか?これらの事から、時計にお金をかけるよりも万年筆にその数分の1のお金をかけた方が効率的だと思いませんか?

お薦めの万年筆

ここからは、お薦めの万年筆をざっくりと紹介したいと思います。これから紹介する万年筆は代表的なものばかりですが、だいたいこのあたりを持っておけば間違いないでしょう。ご興味があれば、ぜひ他の方の紹介記事もご覧になってください。ワタクシよりもより詳しく紹介していると思います。また、この中には自分で使っているものもありますが、それはまた別の機会に紹介したいと思います。

セーラー万年筆 プロフィット21

セーラーの21金ニブで有名です。書き味が独特で、書いていて楽しいです。ニブの装飾も美しく、見栄えする出来だと思います。

パイロット カスタム845

パイロットの万年筆はカスタム74がよく試し書きで店頭に置いてあると思いますが、ワタクシが紹介したいのは軸が漆塗りされた845です。価格もお高いですが、所有感はなかなかなものがあります。漆塗りという事で、話も転がしやすいのではないでしょうか?

プラチナ #3776

万年筆ファン誰しもがお薦めする3776。独自のスリップシール機構により、ペン先が乾く事を防いだ品です。また、ニブに輝く3776の数字が威厳を感じさせます。ちなみに、3776は富士山の標高を表すそうで、日本最高品質を目指しての事のようです。

ペリカン M400

世の中にはM400信者がいるくらい、このM400は出来が良いです。どれか一つしか万年筆を持てないという状況になったら迷わずM400を選ぶという人も多いと思われます。ドイツ製の確かな造り、同じものは一つとしてない軸の輝き、秀麗なデザインが施されたニブ、曲線がなめらかなクリップと、とにかく美しい万年筆です。

モンブラン マイスターシュテュック

高級万年筆といえばこのモンブランです。書き味はどの万年筆より良いそうですが、ワタクシは試し書きすらした事がないのでわかりません。わかるのは、このメーカーだけがキャップに3本線の金が入っている事と、キャップの先端にアイスをこぼしたような白い模様が入っている事だけです。万年筆界の「いつかはクラウン」みたいなもんでしょうか。まぁ買えません、高くて。ご興味のある人はぜひどうぞ。

まとめ

色々紹介しましたが、このあたりを知っていれば大抵応用が利きます。話もうまく転がす事ができるでしょう。時計に数十万円かけるより、万年筆にお金をかけて、余った金でスーツやほかの装飾品にお金をかけてしまいましょう。

よろしければ応援クリックお願いします。ブログ更新の励みになります。 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました