デルタの特典航空券での必要マイル数が手に負えない件

DELTAスカイマイル
スポンサーリンク

2018年、どこ行く?

こんにちは!Pino研です。
旅好きの皆さんならすでにやっていると思いますが、最近の議題として「2018年はどこに行くか」というものがあると思います。2018年まで、少なくとも8か月はありますが、もう今のうちから計画を立てておかないと、よりよいチケット、よりよい席にありつけませんw
そんなわけで、2018年のお盆休みはコロラド州デンバーに行こうかな~なんて思い、色々エア旅行してみました。今年もそうですが、2018年はお盆がおそらく9連休になるでしょう。これを見越して、特典航空券でデルタ航空でデンバーにエア旅行してみました。
※エア旅行とは、妄想上で旅行を行う事であり、チケットの空想上での手配や、予算作成、宿泊先の選定、有給の取り方、言い訳など、あくまで妄想上で旅行する事を指しますw

エア旅行する前に挫折

エア旅行でまず最初にするのは、チケットがいくらかかるかです。来年の事といえど、おおよそのチケット相場を今年の休みに合わせて想定します。
早速、2017年の8月12日(土)発のデンバー行きデルタ航空便を調べると…

はぁ?お一人様16万マイル、夫婦二人で32万マイル!?
無理、無理、無理、無理。いや、いくらお盆でハイシーズンど真ん中といったって、これはデルタ航空、ボリすぎではないでしょうか。ANAの特典航空券の倍以上する必要マイル数って…。それだったら、ANAで直行便でマイル使って行くよ。
しかし、デルタのこういった姿勢はさすがアメリカの会社という感じがします。そもそも、特典航空券自体も空きがあれば入れていいよのデルタですから、根本的なリワードシップの考え方が違うんでしょうね。ただ、デルタの名誉のために言いますと、普通のシーズンは7万マイルから行けます。空いていれば行けるので、必要マイル数が低い時は結構使い勝手はいいんですよ、デルタって。
ちなみに、お金で支払うとこうなります。

デンバー行くのに20万かぁ…。そこまでは出せないなぁ。という金額設定です。というか、この金額だと日系の方が安いし…。

どうしたデルタ。最近いい話ないぞ。デルタには引き続き頑張ってほしいので、少しでもメンバーリワードシップの好転を望みます。

よろしければ応援クリックお願いします。ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました