さくらんぼ東根マラソン本番!

ランニング他

こんにちは。Pino研です。

以前より予告しておりましたさくらんぼ東根マラソンですが、ついに走ってきました。

人生初めてのハーフマラソンでしたので、初めてだらけのレースとなり色々と興味深かったので、今回はハーフ初参加者の視点から見た感想を書きたいと思います。

1.普通の恰好で行きましょう。

今回、場外駐車場からシャトルバスに乗って会場に向かいました。場外駐車場までは家の人に車で送ってもらいました。ですので、ウエストポーチ以外は手ぶらで会場に向かいました。が、手ぶらなのはワタクシだけで、皆さん着替え持参だったりジャージ着用で屋外駐車場に来ていました。あぁ、皆さん現地のロッカーをつかうんですね…。ワタクシだけ、走るときと同じ格好でいたので、結構恥ずかしかったです。

2. スタートまでの時間はどんどん過ぎます。

スタート約50分前に着きましたが、スタートまであっという間でした。まるで、成田空港で早めにチェックインしても、あっさり搭乗時刻が来てしまうのに似てます。トイレは忘れずに行きましょう。

3. よそ様の装備や靴を見ているだけで楽しいです。

皆さん、思い思いの恰好で来ているので、見ているだけで楽しかったです。あと、若いっていいなぁ…と思いましたw

4. とにかく、完走だけはしましょう。

初めてでしたので、とにかく完走を目標として走りました。無理せず、時間内であればいいやという気持ちで走り切りました。タイムは遅いですw でも、完走という事実を作りたかったので、気にしませんでした。次から、タイムを縮められるようにしたいと思います。

5. 一人で参加すると「ぼっち感」が半端ないです。

初めてのレースは誰か知り合いと一緒に参加した方がいいと思いました。ゴール後、この充実感を誰ともシェアすることなく、さっさと帰ってくるのは結構寂しいです。ハーフであれば、時間もそんなにかからないので友人なども気軽に呼んで、現地で待っててもらえると思います。

6. 着替えを持って行った方が絶対いい。

レース中は汗で濡れ、ノリでスポンジの水やコップの水を顔や胸、背中にかけたりするのでシャツが濡れます。そして、ゴール後はただ寒いだけですw 着替えを持ってレースに参加しましょう。

7. 大いに自慢しましょう。

ワタクシはあらゆる方面に自慢しました。ゴルフで100切ってもやらない人からは「ふーん…」で終わりますが、ハーフ走ってきたよ!というと「おおおおお!」という反応が返ってきます。みんな体育などで長距離走の経験がある分、より共感しやすいのでしょう。

8. 感謝しましょう

運営の方々やボランティアの方々に感謝しましょう。皆さんがいてくれるからこそのマラソンレースです。今回も、ワタクシの姪や妻の知り合いの子など複数人がボランティアとして参加していました。皆さんに感謝の念で接しましょう。本当にありがとうございました。

こちらが完走証です。

そして、レースを終えて家で夕食を食べていたら、ご近所の旦那さんから4か月後のハーフマラソンのお誘いを受けました。取引先の方が彼も含めてエントリーしたそうです。ちなみに彼は初ハーフです。翌日ワタクシも走りますと返信しました。というわけで、10月に再度ハーフを走ります。次は、今回のタイムより良い形で完走したいと思います。

よろしければ応援クリックお願いします。ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました